Harima Nature Plateau Net Work

播磨自然高原クラブに対する不正未払い賃金約二千万円の支払い命令が発覚(隠し続けていた労基からの指導と命令)!

平成30年8月16日に播磨自然高原クラブから「ゲート管理の変更について(お知らせ)」が事前になんの説明もなく突然、会員に配布され、住民からの説明会開催要求によって、9月9日に山の家で説明会が行われたことはまだ記憶に新しいところです。
この席上で「なぜ事前に相談や説明なく、安心安全の別荘ライフが謳い文句の播磨自然高原の根幹を揺るがす変更を執行部だけの独断で行ったのか?」という質問に対して「労働基準監督署より改善勧告を受けた」との説明でした。
ところが、それは単なる改善勧告という生易しいものではなくゲート勤務者に対する不正な賃金不払いに対して約二千万円分を支払えという厳しいものであることが関係筋への取材で発覚しました。
しかも、労働者側から正規の賃金支払いを求める要請が何度もあったにも関わらず、黒兼代表を始めとする執行部理事が無視をし続け、長年にわたって労働者の権利と利益を不当に奪ってきたことへの経営責任と賠償を免れることはできません。(掲載記事をご覧ください)。

播磨自然高原クラブ 「第15期・社員総会議事録」を発刊しました。


昨年度(平成29年)の第14期社員総会議事録は総会席上の質疑答弁で柳川理事が「作成のうえ、社員に公表する」と約束したにも関わらずそれを反故にし、黒兼代表理事は「議事録は議決を記した用紙1枚のみである。」としてきましたが、黒兼代表理事の度重なる監査妨害にもめげずに、総会の録音を書き起こし作業に約10万円を支出し、これを作成していたことを監査人が突き止めました。にも関らず、高原クラブ側はこの事実を隠蔽し続け、結局、皆さんにこの議事録が開示されることはありませんでした。
そこで、社員有志の協力で第14期の議事録が作成され、今年の第15期社員総会の直前になんとか社員の皆さまに公表することができました。
こういった自浄能力を喪失している高原クラブの現状に鑑み、今年の7月14日に開催された「第15期社員総会議事録」を作成の作業を進め、高原クラブの異常な運営実態を一刻も早く、社員の皆さまにお伝えするべく、発刊しましたのでご閲読ください(紙数が多いためPDF形式のダウンロード以外に冊子を用意しましたので、ご希望の方はお問合せフォームからお申込みください)。