Harima Nature Plateau Net Work

播磨自然高原クラブに対する不正未払い賃金約二千万円の支払い命令が発覚(隠し続けていた労基からの指導と命令)!

平成30年8月16日に播磨自然高原クラブから「ゲート管理の変更について(お知らせ)」が事前になんの説明もなく突然、会員に配布され、住民からの説明会開催要求によって、9月9日に山の家で説明会が行われたことはまだ記憶に新しいところです。
この席上で「なぜ事前に相談や説明なく、安心安全の別荘ライフが謳い文句の播磨自然高原の根幹を揺るがす変更を執行部だけの独断で行ったのか?」という質問に対して「労働基準監督署より改善勧告を受けた」との説明でした。
ところが、それは単なる改善勧告という生易しいものではなくゲート勤務者に対する不正な賃金不払いに対して約二千万円分を支払えという厳しいものであることが関係筋への取材で発覚しました。
しかも、労働者側から正規の賃金支払いを求める要請が何度もあったにも関わらず、黒兼代表を始めとする執行部理事が無視をし続け、長年にわたって労働者の権利と利益を不当に奪ってきたことへの経営責任と賠償を免れることはできません。(掲載記事をご覧ください)。