Harima Nature Plateau Net Work

このサイトについて

播磨自然高原情報ネットワークとは

 

私ども「播磨自然高原情報ネットワーク」は平成29年7月16日に開催された播磨自然高原クラブ社員総会で明らかになった黒兼氏の主導による住民不在の施策に危機を感じた社員有志によって設立された組織で、社員相互の連携や高原クラブの管理運営のあり方等について調査・意見交換等の活動を精力的に行っています。
また,ほぼ時を同じくして、播磨自然高原の山荘住民によって「播磨自然高原自治会」が設立され、住民相互のコミュニティ活動と共に産廃施設計画阻止を始めとする環境問題に取り組んでいることはマスコミ各社の報道を通して既にご存知のとおりです。
この2つの組織は相互に連携しつつ目的達成に向けて努力しているところです。

しかしながら、この播磨自然高原の将来を考える中で現在の黒兼氏を代表理事とする一般社団法人播磨自然高原クラブの運営については多くの疑惑や不透明な問題が数多くあり適切な運営がされているとは言えません。これは監査による調査からも既に明らかな事実となっています。
この播磨自然高原は心地よい安らぎの地であって決して権力濫用と錬金術の地ではありません。

播磨自然高原クラブ

高原クラブ事務所前にて

私たちはこの素晴らしい播磨自然高原を後の世代に引き継ぐ責務があります。そして今、この地に住む人々の安心と安全も同時に守らなければなりません。
どうぞこのサイトを端緒として多くの不条理で暴挙がまかり通っている現実と実態を多くの方々に知っていただき、皆さまのお力を添えていただきますようお願いいたします。

 

一般社団法人播磨自然高原クラブ
社員有志 一同