Harima Nature Plateau Net Work

監査に基づく刑事告発と記者会見が行われました。

刑事告発黒兼正博

一般社団法人播磨自然高原高原クラブの監事(武本洋行 氏)が近時に行った業務監査の結果、犯罪の疑いが判明した事実をふまえ、該当者に対する刑事告発(第1弾)を行い、報道機関ならびに社員の皆様を対象に記者会見(平成30年6月1日・於:相生文化会館)を行いました。

今回の刑事告発は4件の犯罪容疑で被告発人は現職理事(黒兼 正博・清水 孝晏・原田 耕太郎・吹田 忠純・佐津川 玄)の5名です。

調査と証拠資料が整い次第、引き続いての刑事告発ならびに訴訟を起こすべく準備を進めていることと、報道各社への情報提供を行っています(刑事告発状等の関係資料の閲覧は「お問合せフォーム」からお申込みください)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です