Harima Nature Plateau Net Work

播磨自然高原クラブ第15期社員総会レポートが刊行されました(共同記事)。

7月14日(土)に開催された一般社団法人播磨自然高原クラブ(以下、「高原クラブ」)の第15期社員総会は社員(住民)不在の姿勢を露骨に表し、「理事全員辞任せよ!」の大コールの中で閉会しましたが、この度、「播磨自然高原情報ネットワーク」及び「播磨自然高原自治会」の協同編纂によるレポートが刊行されました。
本紙は他の補足資料と併せて住民有志の手によって、配布や郵送が順次行われていますが、お手元に届かない方は「お問合せフォーム」からお知らせください。

現在の執行部役員(理事の大半が刑事告発・刑事告訴・民事訴訟の被疑者)による高原クラブ運営の問題点や、今後の対応について解り易く報告と解説がされていますので、是非、ご閲読ください(全5頁・PDF形式でダウンロード可)。

15th_report

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です