Harima Nature Plateau Net Work

理由を明らかにしないまま、突然、看板撤去へ!

解体される大看板

国道2号線沿いの播磨自然高原の看板撤去について、播磨自然高原クラブの代表理事を称している(不法就任の疑いで裁判中)の黒兼代表と理事全員に対して撤去理由を明らかにするよう求めていましたが、一切の回答や説明会を開かないまま、3月22日から撤去作業を始めました。
「産廃反対運動」と何らかの関係があるのではと、播磨自然高原だけではなく近隣地域住民の間でも囁かれているとのことです。

看板撤去抗議文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です